『娼姫レティシア』ゲームシナリオより抜粋




【中年貴族】「ぐふふ、さすがはカトリーヌ様、いい乳をしておられますな。この大きさがたまらんわい……」

【中年貴族】「尻も素晴らしいですぞ。むっちりと肉づいているのに、実に食べ頃だ……」

【カトリーヌ】(ああッ、見ないで……そんなにも熱く見つめないでッ……)

複数の熱い視線を肌に感じ、カトリーヌは恥辱に震えた。全裸で複数の男たちに取り囲まれているという状況が、これまでにない恥ずかしさをもたらす。

【中年貴族】「ではさっそく、さわり心地を楽しませてもらうとしますか」

一人の中年貴族が手を伸ばし、乳房をギュッと握ってきた。

【カトリーヌ】「あぁンッ……」

【中年貴族】「おお、これは素晴らしい! さすが熟れているだけあって、とろけるような柔らかさだ」

男は感動に瞳を輝かせながら、豊かな膨らみをむにむにと揉む。

【カトリーヌ】「んくッ……お、おやめください、ンンッ……。あンッ、も、揉まないで、ふぅンッ……」

乳房から生じる性感に震えるカトリーヌ。いくら心が怯えていても、豊満な肉体は自動的に悦びを生みだしてしまう。

【中年貴族】「これが揉まずにいられますか。ほれ、もっと揉んでさしあげますぞ」

【カトリーヌ】「ああん、ダメッ……。ンッ、んふッ……んはッ、ああッ……んくッ、ンッ、うぅうンッ……」

さらに力強く揉まれれば、カトリーヌはかすかな吐息を漏らしつつ、くなくなと悶えていく。
その悩ましげな様子を見て、他の男たちがにやにやと笑った。

【中年貴族】「ぐふふ、カトリーヌ様の悶える様はたまりませんな。さすが熟れているだけあって、実に色っぽい」

【中年貴族】「ですなぁ。こう、漂う色気が違うと言いますか。――どれ、我々も参加するとしますか」

男たちはカトリーヌに近づき、それぞれ好きなように、肉感的な肢体に手を這わせはじめた。

【中年貴族】「おお、この尻、なんと柔らかい。むっちりと脂が乗っていて、とろけるようなさわり心地だ……」

【中年貴族】「太股も格別ですぞ。むちむちしていながらも、すべすべしていて、まるでシルクのようだ……」

【中年貴族】「ああ、このウエストの括れがたまらん……。ああッ、実にたまらんですぞ……」

カトリーヌに群がり、それぞれ臀部や太股などを愛しげに撫でまわす男たち。その様子は、さながら樹液に群がる昆虫を思わせた。

処女雪のように白いもち肌の上を、十本の腕が絡みつく蔦のように這いまわる。

【カトリーヌ】「あンッ、いやッ、おやめくださいッ、ンンッ……。んッ、はぁあンッ……お願い、そんなに撫でまわさないでッ……ああッ、んくッ、ふぅううンッ……」


五人がかりで全身を撫でまわされる異様さに、カトリーヌは怖気を震わせ、身を捩った。全身を這いまわる十の手が、気持ち悪くて仕方ない。

【中年貴族】「おや、なにを仰います。我々はカトリーヌ様に喜んでいただこうと、精いっぱいサービスしているのですぞ」

【カトリーヌ】「ああん、そんな、んはッ……サ、サービスだなんて、はぁッ、ンンンッ…………」

【中年貴族】「そうですとも。男の愛撫こそ、若さと美しさを保つなによりの秘訣ですからな。ですからカトリーヌ様は、ただ我々の愛撫に感じてくださればよいのです」

愉快そうに答えた男たちは、しっとりと滑らかな柔肌を手で存分に味わっていく。