このコーナーでは、システムに関することや寄せられた質問について、アセイミー先生が講座形式で解説してくれます。

第1回
第2回 
第3回
第4回
第5回 




第1回 アセイミー先生の戦闘講座(ダンジョン体験版編)

【ソロン】
「せ、先生。2つめの戦闘に勝てないんだけど……」
【アセイミー】
「ソロン! この程度の敵に手こずっているとは情けない。わらわが指導してやろう」
【アセイミー】
「まずは移動からじゃ」




「無闇に敵に近づけばいいというものではないぞ。最悪なのは、敵の隣に移動したときに行動力が0になっている事じゃ」

「敵のターンに、めいっぱい殴られてしまうからの」
【ソロン】
「なるほど」
【アセイミー】
「敵を充分に引きつけてから動くのもまた賢い行動じゃぞ」
【ソロン】
「はい。敵の移動をじっくりと見極めます」

【アセイミー】
「次は攻撃じゃ」
「ターンの最初に敵が隣にいるなら、ソロンは全力攻撃をするといい」



「マリーは基本は攻撃魔法のラポールがいいじゃろ。効果範囲には充分気をつけるのじゃぞ」

「敵がアンデッドモンスターの場合は、スキルのアンデッド破壊も効果大じゃ。ただし、まだ効果範囲が狭いから、ちと使いづらいがの」



「他に気をつけること言えば行動終了時の方向じゃな。横や後ろから殴られると痛いからのぉ。できるだけ敵に正面を向けておくことじゃ」
【アセイミー】
「わかったかの?」
【ソロン】
「はい。勉強になりました! 再挑戦してきます!」







第2回 アセイミー先生の戦闘講座(「オートモードで楽をする?」編)

【アセイミー】
「ソロン、戦闘ではお前が指揮をしておるのじゃろ?」
【ソロン】
「はい。でも、自分も戦いながら声を掛けるから大変なんです」
【アセイミー】
「愚か者め! そんな時のオートモードじゃ」
【アセイミー】
「ソロン以外の3人(マリー、ファータ、クリン)は、ステータス画面の【作戦指示】欄から、オートを選ぶことが出来るのは知っておるじゃろ?」


【ソロン】
「ええ。でも、オートばかりだと、なかなか思い通りに動いてくれなくて」
【アセイミー】
「それは、戦闘訓練を受けてきたソロンが指揮する方が強いに決まっておるわ!」
【ソロン】
「いちおう、騎士の端くれですから」
【アセイミー】
「わらわが言いたいのは、使い方しだいで楽ができるということじゃ」
【アセイミー】
「3人の仲間全員をオートにする必要はないし、雑魚戦はオートで楽をして、ボス戦の前に戦闘指示に切り替えるという方法もあるんじゃ」
【ソロン】
「なるほど」
【アセイミー】
「あとは2つのモードの使い分けじゃな」
【ソロン】
「全力攻撃モードと、MP節約モードですね」
【アセイミー】
「全力攻撃モードだと、魔術師系はガンガン攻撃魔法を使うからの。広いダンジョンだと息切れしてしまうかもしれん」
「それほど強くない敵には、MP節約モードで、乗り切ることも考えたほうがいい」



「要は使い方次第ということじゃ。このオートモードはダンジョン体験版でも選択できるから、いろいろ試してみるといいぞ」
【ソロン】
「わかりました! ありがとうございます」






第3回 アセイミー先生の戦闘講座(「ショートカットは便利!」編)

【アセイミー】
「ソロン、ショートカット機能は使っておるか?」

【ソロン】
「ショートカット? なんでしたっけ、それ?」
【アセイミー】
「愚か者っ!」
【ソロン】
(お、怒られてばかりだ……)
【アセイミー】
「せっかく便利な機能なんじゃから、せいぜい使って冒険を快適にするべきじゃ!」
【アセイミー】
「仕方がない、使い方を教えてやろう」



「画面下のHPなどが表示されている一番下に、
 SHORTCUTと黄色い文字で書いてあるところがあるじゃろ」
【ソロン】
「はい。右に空欄がありますね」
【アセイミー】
「そこを右クリックするのじゃ」
【ソロン】
「あっ、スキル、魔法、アイテムと選択肢が出ました!」


【アセイミー】
「そこから、よく使うスキルや魔法などを登録しておくことが出来るのじゃ」
「使うときは、登録したスキルなどの名前を左クリックすればいい」
【ソロン】
「スキルリストや呪文リストとかを飛ばせるから、素早く使えますね!」
【アセイミー】
「うむ、そのためのショートカット機能じゃ」


「たとえば、マリーが怪我を治す魔法のプリティヴィを登録しておけば、戦闘後に皆の怪我を治すのが早くなるぞ」

【ソロン】
「なるほど〜」
【アセイミー】
「ショートカットは戦闘中も使えるからの」
【ソロン】
「ということは、ファータは攻撃呪文、俺なんかは戦闘のスキルを登録しておくと便利なわけですね?」
【アセイミー】
「そうそう、やっと分かってきたようじゃな。これからも精進するが良い」
【ソロン】
「はい、アセイミー先生! ありがとうございました」







第4回 アセイミー先生の戦闘講座(「おすすめのスキル」序盤編)

【ソロン】
「ダンジョンをクリアした後に、スキルを習得する機会があるんですが、いろいろあって迷ってしまいます」

【アセイミー】
「愚か者っ!」

「冒険の成否は、スキルの活用にあると言っても過言じゃないのじゃぞ!」
【ソロン】
「す、すみません。おすすめのスキルがあったら教えてもらえますか?」
【アセイミー】
「仕方がない、特別に教えてしんぜよう」

「今回は、旅の序盤、ソロンとマリーの2人について語るとしよう」
【アセイミー】
「まず、ソロンじゃ」



「騎士として最前線で戦うのだから、なにはともあれ攻撃関係じゃ」
【アセイミー】

「便利なのは〈攻撃範囲拡大〉じゃな。こちから近づかなくても遠くまで攻撃できるようになる。全力攻撃をするチャンスも増えるというものじゃ」

「あとは余裕があれば、〈ダメージアップ〉や〈通常ダメージ減〉を習得しておくと良かろう」

【ソロン】
「わかりました! 全力で戦います!」
【アセイミー】
「次はマリーじゃ」



「彼女はやはり〈魔法範囲拡大〉や〈白魔法〉じゃな。攻撃魔法の届く距離も伸びるし、新しい呪文も覚える」
【アセイミー】
「余裕があれば、〈魔力アップ〉などで魔法のダメージを増やすのもよかろう」

【ソロン】
「わかりました! マリーにも伝えておきます」
【アセイミー】
「慌てるでない! あくまで序盤、あくまでひとつの例じゃ。自分の頭でよーく考えて伸ばすのじゃぞ」
【アセイミー】
「長い旅じゃ。使い切れず残ったスキルポイントは、次の機会に持ち越して貯めておけるから、ポイントの高いスキルを狙っていくのもいいじゃろう」

【アセイミー】
「それに、いずれクラスチェンジすれば、習得できるスキルも増えていく。いろいろ試してみるのじゃぞ」
【ソロン】
「わかりました。ありがとうございます!」






第5回 アセイミー先生の戦闘講座(アクセサリー編)

【アセイミー】
「そういえばソロン、ちゃんとアクセサリーは装備しておるじゃろうな?」
【ソロン】
「装備? いや、どれを付ければいいか迷っていて……」
【アセイミー】
「それはいかんっ! アクセサリーは、ちゃんと装備をしていないと効果がないからの」
【アセイミー】
「仕方がない。少しヒントを教えてやろう」



「序盤におすすめなのは、〈シールド〉じゃ。
 防御力が増えるから、物理攻撃を受けたときのダメージを減らしてくれる」
【アセイミー】
「防御力の低いマリーが装備しても良いし、ソロンが装備して、敵の中に突撃するのもよかろう」
【ソロン】
「できれば二つ欲しいです。ふたりとも装備できますから」
【アセイミー】
「それはそうじゃが、限られたアクセサリーをどう組み合わせるかというのも醍醐味じゃぞ」


「シールド以外には、〈スタミナブースト〉でHPを増やしておくのもおすすめじゃ。
 あくまで序盤は、じゃがの」
【アセイミー】
「その他、麻痺や毒など、特種攻撃をしてくる敵が多いところでは、それを防ぐアクセサリーにつけかえたり、臨機応変に対応するのじゃぞ」
【ソロン】
「はいっ、分かりました!」



 
 

__
Copyright (C)catwalk All Rights Reserved./画像等の素材の使用につきましては、こちらをご覧下さい。