TOP

 ●STORY絡はこちらへ



交通事故により意識不明となった半年後──夢枕に
巫女が立った。
「これを預かって下さい」──彼女が俺に手渡したのは、白木の鞘に入った
懐刀

「この懐刀が失われると、この国に大いなる災いがもたらされます」

その言葉を残して、巫女は消えた。
翌朝、奇跡的に目を覚ました俺の手に、しっかりと握られた懐刀。



退院後──家に帰った俺の前に、ふわふわと漂う巫女さんがあらわれた。
彼女の名は、
玉依姫(たまよりひめ)──記憶を無くした正体不明の存在。

しかも、彼女は、
俺だけに見え、俺だけが触れられる巫女さんだった!!



俺だけに尽くしてくれる巫女さんとの、甘い生活が始まるかと思った・・・ところが!

時を同じくして、俺の周囲に不気味な者たちの影が見え隠れし始める
俺の命を狙う謎の
修道女と黒服の男たち。



生命の危機に、俺は玉依姫の懐刀で他人の心を“斬る”力を得てしまった!
果たして、俺が得た
デミウルゴスの力とは?

その力で、俺は、家族や大切な人の命を守る事が出来るのだろうか!?






 ● BACK ●